hospitalization入院・面会

TOP入院・面会

入院をされる方へ

私たち職員一同は、患者さまが一日も早く健康を回復されますようお手伝いします。患者さまが安心して療養できますよう、院内の諸規則はお守りいただきますようお願いいたします。
ご入院時には入院書類へのご記入・ご捺印が必要となりますので、《入院案内》をご参考にしていただき、患者支援センターまたはスタッフステーションへお渡しください。

入院時に必要な持ち物

  • 寝衣類(寝巻・下着)
  • 日用品(ティッシュペーパー・スリッパ・タオル類)
  • 食事用品(湯飲み・らくのみ・その他)
  • 洗面具一式
  • 現在服用している薬
  • その他(診察券・保険証・医療証・印鑑等)
  • 寝具は病院で準備いたしますのでお持ちいただく必要はありません。
  • 貴重品や必要以上の現金は持参しないでください。 盗難が発生しても責任を負いかねますのでご了承ください。

入院費用について

健康保険法に定めるところに基づき算定します。ただし、保険適用外のものについては別に定めた料金が加算されます。 ※クレジットカードでのお支払いも可能です。

VISA MasterCard JCB

個室利用について

個室をご希望の方は医師または看護師にお申し出ください。ただし、満床の場合などご希望に添えないことがございますので、ご了承ください。
※特別室(14,000円/日)、個室(7,000円/日)をご利用 の方は室料が加算されます。(いずれも消費税別)

医療相談窓口について

高額医療費貸付制度や公費負担医療制度、各種保険制度等の利用や入院生活について何かお困りの点がございましたら患者支援センターや職員までお尋ねください。

おねがい

『外出・外泊』
医師の許可が必要です。主治医または看護師にお申し出ください。
『退院』
退院は主治医の許可が必要です。退院の際には、退院当日までの入院請求書を病室までお届けします。 退院日までの医療費は請求書に従い、1階【自動精算機】または【会計窓口】でお支払いください。
『夜間施錠』
防犯、夜間警備等院内環境整備を実施するにあたり、午後9時30分から午前6時まで院内出入口を施錠いたしますのでご了承ください。
『非常時の対応』
万一、地震、火災など災害が発生した場合には、病院職員の指示に従って行動してください。
『盗難防止について』
病院には多くの方が出入りするため、盗難が発生する場合もあります。
  • 盗難にあわないよう、多額の現金や宝石等の貴重品は病室に持ち込まないようお願い致します。
  • 現金等の貴重品は、病室の床頭台(テレビ棚)に設置してあるセーフティーボックスに入れて必ず施錠してください。
  • セーフティーボックスの鍵は常に身につけてください。
※なお、盗難にあわれた場合でも本院では責任を負いかねます。
  • 病状その他都合により病室を変更させていただくことがございます。
  • 洗濯は、3階と4階各階病棟内ランドリーコーナーをご利用できます。
  • ご家族などからの『電話の取次ぎ』は、病棟業務に支障をきたす場合がありますのでご遠慮ください。
  • 職員への謝礼は固くお断りいたします。
  • 当院の駐車場は、来院患者さまの数に比べ駐車台数が不足しているため、特別な事情がない限り駐車はご遠慮いただきますようお願い致します。
  • 公衆電話は1階エントランス、3階、4階にありますのでご利用ください。
  • 病室における患者さまの名札の掲示について、患者さまの取り違え防止など業務上必要だと考えております。お名前を表示されたくない場合はお申し出ください。
  • ご不明な点は、病院職員にお気軽にお尋ねください。

面会について

面会時間

平日
午後 1 時~午後 8 時
土曜・日曜・祝日
午前 11 時~午後 8 時
  • 時間外の面会は家族・知人を問わずお断りいたします。
    また一度に大勢の面会やお子様連れはなるべくご遠慮下さい。
  • 病状により面会をお断りすることがあります。
  • 面会は他の患者さまの迷惑にならないよう、静かに短時間でお願いします。

お見舞いの注意点

生花 お酒

持ち込みはご遠慮いただいております。
病院敷地内は「全面禁煙」です。

地域包括ケア病棟について

多職種で連携して在宅復帰のサポートをいたします

イメージ図

地域包括ケア病棟とは、病状が落ち着いても自宅での生活に不安がある方が、安心して自宅で生活できるように、リハビリや食事のトレーニングなどの在宅復帰支援を行う病棟です。医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士など多職種で連携して、在宅復帰のサポートをいたします。

入院が適している患者さま

  • 治療後も退院を目指したリハビリテーションや経過観察が必要な方
  • 治療を行い病状が安定してきたがご自宅、施設での生活に不安がある方
  • ご自宅、施設に戻るまでに療養準備が必要な方
  • 在宅、施設での療養生活中に一時的に医療的管理が必要な方
© Ama Municipal Hospital.

TOP