outline病院概要

TOP病院概要

「わ」-WA- 地域住民との和 連携機関との輪 地域医療振興協会の環

あま市民病院 管理者 梅屋 崇

地域医療のスペシャリストとして

2019年4月1日からあま市民病院は公益社団法人地域医療振興協会を指定管理者として新しいスタートを切りました。地域医療振興協会は、全国のへき地・地域を医療・介護・福祉を通して活性化するために病院・診療所・老人福祉施設等を運営し、地域医療のスペシャリストとして、その地域に適した医療の提供に努めてきました。

あま市民病院は地域包括ケアの拠点として、救急診療を含む外来診療と回復期のリハビリテーションを含む入院診療を提供し、地域の医療介護施設と連携して自宅での療養を積極的に支援します。チーム医療の中心になって活躍する医師は新しい専門領域である総合診療医です。総合診療医は従来の臓器別専門医と異なり、子供から高齢者における急病から生活習慣病まで広い範囲の診療を行い、健康な生活を支援する専門医です。地域医療の専門医とも言えます。あま市民病院はかかりつけ医である医療機関と臓器別専門医の橋渡しすることで必要な医療・介護・福祉のサービスを受けるお手伝いをします。

新しいあま市民病院をよろしくお願いいたします。

看護部⾧ ごあいさつ

あま市民病院 看護部⾧ 谷口みどり

急速に進む高齢化において、医療に対するニーズは拡大し多様化しています。
治すことが主眼の医療から支える医療へと変化する中で、病院においても入院前から退院後の暮らしを想像した個別的な支援が求められています。
一人ひとりの患者さまが持病を持ってどう病気と向き合っていくのか、どんな暮らしを送るのか、これは治療と同じくらい重要なことです。患者さまやその家族のニーズをくみ取り、身体状況を把握しながら退院後もその人らしい生活が送れるようどのように支援していくかを判断し、看護を提供する必要があります。
看護の看という字は「手」と「目」でできています。見つめ続けることが看護の本質です。あま市民病院看護部は常にベストな医療、看護の提供ができているのかということを考え、患者さまに一番近い医療スタッフとして寄り添った看護ができる人材育成を図り、地域に根ざした病院だからこそできる親切な医療、看護を心がけ、地域の皆様から信頼されるよう今後とも努力して参ります。

看護部の理念 「安全で安心と満足が感じられる看護を提供します」

基本方針

  • 安全で安心な医療を提供します
  • 救急病院として役割を果たします
  • 地域連携を推進します
  • あま市民の健康づくりを支援します
  • 多職種協働による医療者育成をおこないます
  • 災害時の医療の継続に備えます
  • 安定した経営基盤を築きます

あま市民病院概要

名称 あま市民病院
所在地 愛知県あま市甚目寺畦田1番地
電話 052-444-0050
FAX 052-444-0064
開設者 愛知県あま市
指定管理 公益社団法人地域医療振興協会
開設年月日 2010年3月
標榜診療科 内科、外科、泌尿器科、小児科、眼科、放射線科、整形外科、脳神経外科、婦人科、耳鼻咽喉科、麻酔科、リハビリテーション科
指定・承認事項 各種保険、二次救急、労災、生活保護法等
外来受付時間 平日8時30分~11時30分
※診療科によって受付・診療時間が異なります。
詳しくは外来担当医表をご確認ください。
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始
医療法許可病床等 180床

病院沿革

昭和22年4月 昭和22年4月21日甚目寺町国民健康保険組合外6ヶ町村組合病院創立
昭和24年12月 甚目寺町外5か町村尾陽病院組合
昭和25年4月 伝染病棟建設完成(病棟数37床)
昭和29年6月 一般病棟新築工事完成(病床数46床)
昭和30年10月 結核病棟新築工事完成(病床数50床)
昭和30年12月 甚目寺町外4か町村尾陽病院組合改称
昭和38年10月 病棟、給食棟増改築工事完成(病床数一般101床、結核50床)
昭和46年12月 診療棟増改築工事完成(病床数一般98床、結核20床)
昭和51年7月 公立尾陽病院組合改称
昭和53年3月 公立尾陽病院増改築工事完成(病床数 一般126床、結核24床)
昭和53年4月 組合⾧の尾張共立病院組合への加入により伝染病院を廃止
昭和63年3月 公立尾陽病院増改築改修工事完成(病床数一般214床、結核24床)
平成5年12月 結核病床(9室、24床)を廃止(病床数一般214床)
平成19年8月 病床数変更(病床数一般199床)
平成22年3月 あま市民病院に名称改称
平成27年11月 あま市甚目寺畦田1番地に新築移転
平成28年9月 地域包括ケア病棟開設(45床)
平成31年4月 公益社団法人地域医療振興協会による運営開始
© Ama Municipal Hospital.

TOP