臨床工学室

TOP外来診療案内セクションのご案内

臨床工学室のご案内

ごあいさつ

臨床工学技士はCE(クリニカル・エンジニア Clinical Engineer)と呼ばれ、医療機器の進歩に伴いうまれた、医療と工学の知識を持つ医療専門職です。主に医療機器の操作と保守点検をしますが、患者さまのベッドサイドで医師や看護師など多職種スタッフと共に臨床業務に携わっています。また、医療安全管理者の認定を取得し医療機器安全管理責任者の役を担い、病院全体の医療安全に務めています。臨床工学室はあま市民の健康と安心を守るために日々研鑽と技術の向上につとめ、医療機器の管理や医療技術の提供を通して、安全で質の保たれた医療の継続に貢献します。

業務紹介

【臨床技術提供】
〇救急外来の支援
〇人工呼吸器・酸素療法
〇血液浄化療法(腹水濾過、CHDFなど)

病室での人工呼吸器の管理・支援をします。また、在宅用人工呼吸器などを使われている方の入院や、在宅酸素療法の導入なども多職種スタッフと共にサポートしています。


【医療機器管理】
〇モニタ管理
〇保守管理

病棟の心電図モニタの設定(感度、時刻、電極位置など)調整や電波環境の調査をしています。
この他、保守点検の計画と実施、安全性情報の収集と報告を行います。また、計画的な機器の購入から破棄までのマネージメントをすることで、経済的な運用を目指しています。


【医療機器研修】
〇定期研修
〇新しい機器導入時の研修
〇新着職員向け研修

職員が自信をもって安全に医療機器を扱うことができるよう、スキルアップを図っています。

セクション一覧へもどる

© Ama Municipal Hospital.

TOP