臨床検査室

TOP外来診療案内セクションのご案内

生理検査センター

心電図検査

1)安静時心電図 検査所要時間:2~5分程度
不整脈や虚血性心疾患など、心臓の状態をみる基本的な検査です。
ベッドに仰向けになり、安静の状態で両手両足及び胸部に電極を取り付けます。心臓がポンプの役割として動く際に発生する微小な電気を波形として記録します。

2)運動負荷心電図 検査所要時間:10~30分程度
運動をして心臓に負荷をかけ、安静時との状態の変化を調べる検査です。
*マスター2階段負荷試験*
一定の時間(1分30秒~4分30秒)階段昇降を行っていただき、心電図の変化を観察します。

3)ホルター心電図 装着時間:10~15分程度、翌日(約24時間後)取り外し
携帯型の心電図記録装置を装着して24時間連続で心電図を記録し、動悸の原因や失神、めまい、息切れ、胸痛、除脈、治療効果の判定などの評価を行う検査です。
普通の心電図検査では見つかりにくい発作性の不整脈、狭心症などの発見に役立ちます。
■ 検査中の入浴やシャワーはお控え下さい。
■ 電気毛布の使用はお控えください。
■ 「行動記録メモ」に、就寝・起床時間、症状等のご記入をお願いします。
■ 装着した機械は翌日(約24時間後)、生理検査室にて取り外します。

超音波検査

超音波検査(エコー検査) 検査所要時間:15~30分程度
超音波とは・・・
人間の耳で聞くことができない周波数の高い音のことです。
超音波は生体内を通過することができ、性状の異なる組織の境界面で反射します。この性質を利用してさまざまな臓器の形態、血流から機能及び疾患を評価します。
検査部位として、心臓、腹部(消化管)、血管、乳腺、体表 などが行われています。
■超音波の伝わりを良くするために、体表面にゼリーを塗ります。
■超音波検査は超音波の反射波を画像にします。
■身体への影響のない安全な検査です。
■ 腹部領域の検査を受けられる方は朝食(検査が午後の場合は昼食)を控えてください。
 食事の影響により、“検査不良"となる場合があります。
■ 検査を受ける場所が露出しやすい服装で来院ください。

【検査項目】
・腹部超音波検査
・心臓超音波検査
・甲状腺超音波検査
・頸動脈超音波検査
・血管(下肢動脈・静脈)

肺機能検査

肺機能の状態をみる基本的な検査です。肺の大きさや弾力性、肺疾患の診断や手術時の麻酔をかける場合の術前検査として行われます。

一般肺機能検査として、肺の容積(肺活量)や息を強くスムーズに吹けるかどうかを検査します。
検査所要時間:約15分

精密肺機能検査として、一般検査より更に詳しく調べる検査
(肺からどのくらい酸素がうまく取り込まれているか・・など)があり、呼吸器の病気(ぜんそく、肺気腫、肺線維症、気管支炎)の種類が推測できます。
検査所要時間:約40分

検査法は、専用クリップで鼻を摘んだ状態で口呼吸をしていただきます。この検査を正確に行うためには、患者さん自身の“ご協力と頑張り"がとても必要となります。担当技師が適切に対応いたしますので、一緒に頑張りましょう。

終夜睡眠ポリグラフィ―検査(PSG)

睡眠時無呼吸症候群の確定診断に必須の検査です。放置しておくと、高血圧、虚血性心疾患、脳血管障害などの循環器(動脈硬化性)疾患を高率に引き起こすことが知られています。
夜はよく寝ているのに昼間眠い、だるい、睡眠中息苦しい,大きないびきをかくなどの症状のある方が対象となります。
就寝前にお腹に呼吸センサーのバンドを巻き、指先に血液酸素飽和度測定器を装着し、鼻に呼吸センサーのチューブをつけ、この状態で睡眠中の呼吸状態を記録します。翌朝起床した時間で検査終了となります。睡眠中の無呼吸低呼吸指数(1時間あたりの無呼吸数及び低呼吸数)を解析して睡眠時無呼吸の評価をします。

    耳鼻科関連検査

    【検査項目】

    ・純音聴力検査
    ・チンパノメトリー
    ・小骨筋反射
    ・ABR(聴性脳幹反応)
    ・重心動揺計検査
    ・耳音響放射検査
    ・味覚検査

      血圧脈波検査

      ABI 検査 検査所要時間:15分程度
      ABI とは“足関節上腕血圧比"の略です。両手・両足の血圧の比を表します。
      この検査で血管(動脈)の硬化と狭窄の状態(詰まりの程度)を調べます。
      動脈硬化はあまり自覚症状がありません。しかし放置すると、狭心症・心筋梗塞・脳出血・脳梗塞など命にかかわる疾患の原因となります。

        脳波検査

        脳波検査 検査所要時間:45~60分程度
        脳波検査は、脳の活動状態を頭皮上から記録する検査です。
        覚醒時・睡眠時・開眼時などその状態に応じた脳波が記録され、脳波の変化、波形の乱れを観察し、診断・治療に役立てます。
        検査の際、目の開閉や深呼吸など簡単な協力をお願いしますが、痛みを伴うことはありませんので、気持ちを楽にして検査を受けてください。
        頭部には電極用のクリームを付けさせて頂きます。

        セクション一覧へもどる

        © Ama Municipal Hospital.

        TOP