チーム医療

TOP外来診療案内セクションのご案内

当院のチーム医療

多職種の連携でサポート

当院では認知症や嚥下障害、糖尿病などの疾患をもつ患者さまが安全に安心して治療が受けられるよう、研修を積んだスタッフによるサポート体制があります。

    感染対策チーム(ICT)

    ICT(インフェクション コントロール チーム)は院内感染をふせぎ、よりよい感染症治療をめざしてチーム活動をしています。感染コントロールの資格(ICD,CNIC)をもつ医師、看護師を中心に多職種で週1回のミーティングや院内の感染予防ラウンドをしています。また、職員への教育や、あま市周辺の医療介護福祉保育関係者への感染予防教育支援に取りくんでいます。

    緩和ケアチーム

    緩和ケアチームは緩和医療専門医、看護師、薬剤師、栄養士やリハビリテーションなどの多職種が集まり、一般病棟および地域包括ケア病棟からのコンサルテーション依頼やオピオイド使用患者においてラウンドを行っています。ラウンドでは患者さまの様々な苦痛の緩和のために話し合うと共に、QOLの維持・改善に努め、患者さま、ご家族の苦痛を少しでも和らげることができるように活動しています。

    認知症サポートチーム

    あま市民病院では認知症対応力向上研修に参加し、認知症をもつ患者さまが安全に安心して治療を受けられる体制を整備しています。医療安全委員と協働し、身体拘束ゼロを目指した取り組みや、患者さまの身体機能の維持、尊厳を重視したケアの提供に努めています。当院では、認知症をもつ患者さまの対応を検討し共有するなどの指導的役割として、認知症サポートチーム(DST)が活動しています。チームメンバーは医師・薬剤師・看護師・作業療法士などの多職種スタッフで構成されています。チームの主な活動として、DSTラウンドや院内デイケアを行っています。DSTラウンドでは、週一回病棟をラウンドし、認知症をもつ患者さまの状態や症状の情報を共有しながら対応方法を検討し、病棟スタッフを協働して患者さまの状態に合わせたケアを提供しています。院内デイケアでは、患者さまの生活リズムを整え、生活の活性化や認知症症状の安定を図る目的で、歌や体操、ゲームや貼り絵・塗り絵など、レクリエーションを毎月一時間程開催しています。

    栄養サポートチーム

    栄養療法を通して、医療の質を高めます。摂食嚥下障害の患者さまには、嚥下検査(透視検査、内視鏡検査)や、嚥下訓練、口腔ケアにも重点をいれ、最後まで美味しく安心して食べていただけることを目指します。

    褥瘡チーム

    医師、看護師、薬剤師、栄養士など多職種でチームとなり、病棟回診、カンファレンス等を行い、褥瘡患者さまへのサポートを行っています。

    糖尿病サポートチーム

    医師をはじめとする様々な専門分野のスタッフと連携し多面的なサポートができるように取り組んでいます。
    糖尿病看護認定看護師によるフットケア外来も行っております。

      呼吸ケアサポートチーム(RST)

      RST( respiratory support team:呼吸ケアサポートチーム)は、主に人工呼吸管理を要する方など、呼吸に問題を抱えた患者さんを対象に、医師、看護師、理学療法士や臨床工学技士、管理栄養士、社会福祉士などの多職種が集まって呼吸ケアに関する支援を行うチームです。 当院RSTは2020年に発足しました。週1回呼吸ケアラウンドを行い、呼吸管理全般のケアの質向上を目的とした活動を行っています。
      RSTの主な活動内容は、・毎週の病棟ラウンド・呼吸に関連するコンサルテーション受付・呼吸に関連する医療機器の導入や啓発・研修・委員会などを実施しています。病棟ラウンドは、医師を中心に、慢性呼吸器疾患認定看護師、理学療法士、臨床工学技士、管理栄養士で行っています。メンバーには経験豊富なスタッフを始め、若手のスタッフが加わり、幅広い年齢で構成され、各職種が専門性を発揮できるようにしています。また、各病棟にリンクナースを設けることで活動内容が院内全体へ普及しやすいように努めえています。対象は人工呼吸器装着患者様だけに絞らず、慢性呼吸器疾患や酸素使用中の患者様などです。
      それぞれの領域の専門的知識や技術を十分に活用し、1日でも早く人工呼吸器を離脱できるように、そして少しでも多くの患者さんがスムーズに回復できるよう、質の高いケアの提供を目指しています。 

      セクション一覧へもどる

      © Ama Municipal Hospital.

      TOP